月別アーカイブ: 2017年10月

家庭でできる牛肉の美味しい食べ方の例

家庭で作れる牛肉の美味しい食べ方として紹介したいのは、肉が柔らかくなって食べやすいシャリアピンステーキ丼です。

牛肉は牛丼という有名な丼料理がありますが、それをもう少し豪華にして華やかにしたのがシャリアピンステーキ丼です。
牛丼に比べれば調理工程は多くなりますが、それでも1つ1つ丁寧に調理していけば美味しくて豪華なシャリアピンステーキ丼ができます。

丼ですから食べやすいですし、使う食材についてもそれほどこだわらなくてOKです。
ですので、牛肉を使ってちょっとカジュアルな料理を作りたいなら、シャリアピンステーキ丼が一押しです。

使う材料は、牛肉、玉ねぎ、長ねぎ、あとは梅干しがあるとさっぱりして食べやすくなります。
味付けに用いる調味料は、塩コショウやしょうゆ、あるいはバターを加えると味がマイルドになりやすいです。
また、水溶き片栗粉を使用することで、とてもまろやかな味に変化させられます。

調理工程でまず最初のポイントになるのは、玉ねぎをたっぷりとみじん切りすることです。
玉ねぎには、肉を柔らかくしてくれる働きがあります。
シャリアピンステーキは肉が柔らかいという大きな特徴がありますが、それはたっぷりと和えられた玉ねぎの効果によるところが大きいです。
特に玉ねぎが苦手でなければ、牛肉を覆い尽くすぐらいの量を使うぐらいがちょうど良いです。

また、ご飯のほうですが、こちらは梅干しを切り刻んでほんのり味付けをするのがコツです。
爽やかな酸味をご飯に与えることができます。
また、それだけだと色彩が乏しくなってしまいますので、小さく刻んだ長ネギや大葉や青じそ等で色味をつけると華やかになります。

肉のほうは玉ねぎとともにしっかりと炒め、用意した水溶き片栗粉でとろみをつければとてもマイルドな仕上がりになります。
あとは、仕込んでおいてご飯に適したタイミングで盛り付ければ、それで立派なシャリアピンステーキ丼の完成です。
細かい工程については微調整していかなければいけませんが、何回か繰り返していけばしっかりとしたクオリティーになっていきます。

牛肉を丼に用いるのはかなり贅沢な使い方ですが、さっぱりと食べたいときにはうってつけです。
夕食のディナーというよりカジュアルに食べられる休日のランチという雰囲気ですが、そのランチを豪華で贅沢な食事にあっという間に変えられます。
ですので、家庭で作れる牛肉の美味しい食べ方として、シャリアピンステーキ丼はなかなかオススメです。